ドラッヘンテーア

国名

正式名称は、【ドラッヘンテーア】。略称、【ドラッヘン】。


位置



歴史

太平洋上に存在した島国の一つ。
はるかな昔、巨人ドラッヘンテーアが作った国だとされその巨人ドラッヘンテーアを神として信仰するドラッヘン教に多くの国民が入信している。国を作った後ドラッヘンテーアは地の底で眠りについたとされている。
いたるところで石油が採掘され巨人の血つまりドラッヘンに住まう者への神からの恵みだとされている。
経済の大部分を石油の輸出などに頼っていたが太陽光発電システム等の台等により国の基幹産業である石油産業が衰退。国はドラッヘン原理主義者と近代化を推し進める分離主義者に分かれてしまう。
ありとあらゆる手を使用し議会を分離主義者側が掌握。国防軍に巨人、つまりMSを配備する。原理主義者側からすれば巨人とは神であるドラッヘンテーアのことでありMSは神への冒涜に他ならない。これが引き金となり巨人戦争が勃発。
しかしMSを宗教上の理由から使用できない原理主義者側は国外からMSを所有する傭兵達を多数呼び寄せた。傭兵達はその経験と実力で配備されて日が浅く運用ノウハウも未熟な国防軍のMSを次々と蹂躙するが分離主義者側が地球圏連合軍を呼び寄せ原理主義者側を圧倒し勝利を収める。
しかしその後の大地震で国土が海に沈みドラッヘンテーア自体が消滅してしまった。

政治




軍事


構成


戦力


基地・その他




経済




外部リンク

【この国を題材としたブログ等へのリンク】

  • 最終更新:2009-10-21 01:19:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード