ネオミネラル

ネオミネラル(Neo Mineral)

月の一部から取れる鉱物。鉱物自体に磁気を持っており、鉱物から取れる超電磁鉄鉱は、西日本の電磁バッテリーに使用されている。
ごく少数だが、ネオスーパーアロン(Neo Super Alloy)は、MSの装甲やシールドに含ませることで、装甲の強化、ビーム粒子を弾くことが可能である。
これから、作られる装甲のことをネオアロンコーティング装甲と呼ばれる。

ネオスーパーアロン(Neo Super Alloy)

ネオミネラルから取れる、鉱物の一種。主にMSの装甲に使用される。

使用したMS

超電磁鉄鉱

ネオミネラルから取れる、鉱物の一種。西日本が多用している。

ネオオリハルコニウム

別名、エネルギー発生鉱石
MSのエンジンに使われることがある鉱石
これ自体がエネルギーを発しておりMSを半永久的に稼動させることが可能であり
量産化しやすいため西日本やUAMで研究が続けられている
欠点として人体への影響と破壊されたときの衝撃波が問題視されている

賢者石・真

別名、超再生金属石
MSの外装部に使用される鉱石の一種
この石を使用したMSは何千年経とうともけして劣化しないと言われている
極少数しか採取できない上、ある程度量がないと再生ができない(ただし、装甲に塗る分には砕き溶かすことで少量でも利用できる)
金属が空気中のあらゆる部質を受け付けなくなり、ビーム粒子を反射させることが可能である

ネオウラン

別名、核エネルギー発生石
従来のウランよりもエネルギー量が増加している
核に使用することは現在できないが、そのエネルギーをMSのエンジンとして利用できないか
を研究中である
試作型を宇宙空間で使用したが失敗している(理由として挙げられているのが膨大なエネルギーに機体がついて行けない)


  • 最終更新:2009-07-18 21:19:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード