A.G.SENTINELの登場人物

概要

このページではA.G.SENTINELの登場人物について取り扱います。

地球圏連合宇宙軍

リュウ=ルマーク

地球圏連合パイロット候補生。上官への反抗や命令違反、規則違反などのトラブルによって“問題児”と厄介がられていた。地球圏連合宇宙軍第1艦隊への配属を命じられる。

渚明日美(なぎさ あすみ)

宇宙軍第1艦隊、第2MS中隊「クルセイダーズ」隊長。階級は大尉。
ドイツ人と日本人の血を引くクォーターで、ショートにまとめたブロンドの髪と青い瞳が特徴的。JAPAN合衆国出身。
飛燕宇宙高機動型を使いこなすことが出来る数少ないパイロットの1人。
オオヤマネコを連想させる素早い機動と、狙った獲物を逃さない射撃の正確さ、機体を白に統一した専用カラーに塗り替えることと、彼女がドイツ系の血を引くことから独語の白とオオヤマネコを組み合わせた「ヴァイス・ルックス」の異名を持つが、それはパイロットとししての異名の他に彼女の白い肌と、ルックスの良さから付けられたダブルネーミングとして機能する。
機体を白一色に統一するのは白い悪魔と畏れられたガンダム信仰にあやかったものである。

ウェイク=ラシッド

宇宙軍第1艦隊MS大隊隊長。階級は中佐。
元々は戦闘機パイロットであるが、MSパイロットに転科し、A.G.1989年の東ヨーロッパ南部侵攻に参加。
戦闘機パイロット時代に指揮官経験があったことから、東ヨーロッパからの帰還後に新設されたばかりの宇宙軍第1艦隊のMS大隊隊長に抜擢される。
元戦闘機パイロット故に、扱いづらいとパイロット達から不評な飛燕宇宙高機動型を使いこなしている。

ミハエル=ブランコーシュ

宇宙軍第1艦隊第3MS中隊所属。階級は中尉。

アンドリュー=ルドルフ

宇宙軍第1艦隊司令。階級は中将。
顎に蓄えた髭が印象的でプロジェクトGMS のオブサーバーとして中部アフリカ侵攻に参加。
ガンダム信仰の真実を知る数少ない人物で、最初に開発されたガンダムの最期を目撃している。

マルク=エレクソン

宇宙軍第1艦隊旗艦、宇宙空母トレアインの艦長。階級は大佐。
高等士官学校を首席で卒業したエリート。

ロイ=ウィリアム

宇宙軍第1艦隊作戦参謀。

パイオニア・ディシジョン

オリマー=ベルキーナ

地球圏連合小惑星基地プロミネス駐留部隊、通称キラーウルフズのMS大隊隊長。A.G.1989年の中部アフリカ侵攻に参加。
A.G.1997年9月、プロミネス基地を制圧し、地球圏連合に宣戦布告を行う。

エドワード=ミラクス

キラーウルフズ第2MS中隊「レイヴンズ」隊長。

地球圏連合国家戦略研究会議

ドマーク=クドルフ

地球圏連合国家戦略研究会議のメンバー。視察の為にプロミネス基地を訪れ、オリマーに決起を持ちかける。

  • 最終更新:2010-07-26 07:06:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード